top of page
検索
  • 執筆者の写真m. shin.

【市長・教育長を表敬訪問しました】


東広島郷土史研究会は6月7日(火)、市長・教育長表敬訪問に行って参りました。


市役所側から、高垣市長・市場教育長・岡田生涯学習部長・石井文化課長の4名に対応していただきました。当会からは赤木会長・福村副会長・今田副会長・國松事務局長の4名が出席。会長から、この席を設けていただいた御礼と同時に会の発足から今日までの活動の概要、今後の活動課題などを説明しました。


市は現在、2年後の市政施行50周年に向けて市史編纂に取り組んでおり、当会も編纂委員として参画しています。その中で高垣市長からは、まず「独創教育」・「酒造関連」を先行編纂していきたいとの話がありました。当会には既にその分野に関してまとめた冊子が数冊あるので、何時でも資料提供出来るとお伝えしたところ、「力強い話だ!」との言葉をいただきました。


表敬訪問は写真撮影を含め約30分対応していただきました。市史編纂における本会の役割の大きさを再認識する、有意義な訪問となりました。

閲覧数:71回0件のコメント
bottom of page